足裏マッサージの効能とは

足は第二の心臓と呼ばれるくらい重要な場所で、足裏への刺激が全身に伝わって健康を維持できるのです。
足にはたくさんの重要なツボがあり、そのほとんどが足裏に集中しています。

よくホームセンター等で、石のついた凸凹な板や布を踏む「足ツボマッサージ」というものが売られているのもそのためです。
踏み始めは、とても痛くて我慢ができないほどなのですが、何度も繰り返すうちに少しづつ痛みが和らいでくるような感じがします。

面白いことに、足の親指を頭と見立てると、そこから踵に向かって、首、気管支、肺、胃、とあぐらをかいた人間の後ろ姿そのままとなります。
足裏に全身の器官がギュッと詰まったような感じですね。

足裏は体中の器官とつながっているので、ツボを刺激することで血行が良くなり、具合の悪い症状が改善されたり、緩和されたりするのです。
老化は足からやってくる、ということはよく聞きますが、歩くということは健康の基本です。
歩くことで、足裏の刺激になるだけでなく、体中の血流が良くなります。血流が良くなるということは、ケガの治りも早く、美容にも良く、いいことばかりです。test

元気になると、歩ける、歩けると元気になるということです。
それほど、足はマッサージにおいて、重要な箇所なのです。

コメントは受け付けていません。