自分で行うリンパマッサージ

リンパマッサージは血流の悪化などで、滞ってしまったリンパ液を数多くある体の各リンパ節に流し込んで排泄させて、リンパの流れをスムーズにするのが目的です。
ほかの種類のマッサージでは、呼吸法が必要だったり、痛みを感じたり、適切な場所を刺激したりするのですが、このリンパマッサージは基本的なことだけを知っていれば、誰にでも行える簡単なマッサージです。

・鎖骨の下のリンパ節がリンパの最終出口となっていますので、ここをスッキリと流れるようにしておきましょう。

・鎖骨の下を優しくほぐす感じでマッサージします。リンパは皮膚のすぐ下を流れていますので、優しいタッチで十分です。流れをキレイにしていくことをイメージしながら行うといいですよ。

・リンパ節に向かってなでていくのですが、何百個もあるリンパ節を覚えることなどできないので、重要なリンパ節を知っておきましょう。
 主要なリンパ節は鎖骨、脇の下、顎の下、腹部、脚の付け根、膝裏、耳の後ろ、肘にあります。怪我した時など、近くの主要なリンパ節が腫れることがありますよね、そこです。

・リンパを流す時には「さすり」、リンパ節をほぐして流れをよくする時には軽く「押す」のがポイントです。

コメントは受け付けていません。